心の中を書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ささやかな目標

1 毎日散歩をする
2 3キロ体重を減らす
3 年内に髪の毛を切る


おとぎばなしの 王子でも
むかしはとても たべられない
アイスクリーム アイスクリーム
ぼくは 王子ではないけれど
アイスクリームを めしあがる
スプーンで すくって
ピチャッ チャッ チャッ
したにのせると トロン トロ
のどをおんがくたいが とおります
プカプカ ドンドン つめたいね
ルラ ルラ ルラ あまいね
チータカ タッタッタッ おいしいね
アイスクリームは たのしいね

おとぎばなしの 王子でも
むかしはとても たべられない
アイスクリーム
アイスクリーム
(作詞:さとうよしみ 作曲:服部公一)


あ~~、
一曲歌うと、
アイスクリームが食べたくなります。

でも、
ダイエット中なので、我慢!
人生って何なのかしら、アルフィー?
私たち、この瞬間を大切にしているかしら?
その答えをあなたが見つけたら、
どうなるのかしら?
私たちって欲張りなの?

それとも、思いやりに溢れてるの?
思いやるのが愚かなら、
冷淡でいるのがお利口ね
富や力のある人だけが人生を楽しめるのなら
神聖な誓いのために、
あなたは何を賭けるのかしら?

私は天国を信じているわ
だけど、神を信じない人でも信じられる
素晴らしいものが人生にはあるの

私は愛を信じるわ、アルフィー
本物の愛がなければ、私たち、
ただこの世にいるだけ
見失ってしまった愛を見つけるまで
あなたはつまらない人
でもあなたの心に道案内をまかせれば、
愛はすぐに見つかるわ、アルフィー
アルフィー

Vanessa Williams「Alfie」より
ある村に ヤブさんという名の 一本の竹がありました

ヤブさんは若い竹で 背も高く 気持ちの優しい竹でした
ヤブさんの笑顔は とてもいい笑顔で
一度見れば 誰もが幸せになれると言われていました

村の子供たちは その話を信じて
いつか ヤブさんの笑顔を見てみたいと いつも話ていました

「どうしたら あの背の高い ヤブさんの笑顔が見られるかしら」

そんなとき となりの村から一匹の蝶があらわれます
蝶の名はサチコでした

蝶のサチコは 子供たちの話を聞き
何とか子供たちに ヤブさんの笑顔を見せてあげたいと思いました


さて、、、、、
蝶のサチコは どうやって ヤブさんの笑顔を
子供たちに見せてあげるのでしょうか

つづく つづく…
dog1.jpg(撮影者不明)

可愛いのか 可愛くないのか そこが可愛いのか
(私的には、タイプですけど?)

首輪に付けているロープは、
よく見ると「献血されている管」のようです。
(写真をクリックしていただくと、そのように見えるかも…)



寒い朝には
温かいコーヒーが一番です。

マグカップを両手で挟み、
ふうふうして飲めば、
体の芯まで温まります。
大好きです。

その時に吸う煙草の灰皿。
お湯で洗っておくと、温かい
(あたりまえかぁ)。
灰皿を左手で持ち、煙草を吸うと、
いつもより温かい気持ちで
煙草を吸うことができます
(気のせい?)。

そんなことを思った今朝でした…。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

20051206171513.jpg

線路を見ていたら、
高校生時代に、課題で書いた詩を思い出しました。

郷里へと続く道が住宅街にもある
すれ違うものがいて はじめて
逆への道 戻る道
自分とは違う方向へ進む者がいることが分かった
このまま進んでいこうか
この果て閉ざしてしまおうか

とかいう感じでした(たぶん)。
詩に、こんなような写真をつけて提出したと。
何だか、あの頃から足踏みばかりだなあ~
なんて思ったりしている今日この頃です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

私の家の近くに、崖があります。
私は、その崖下のほうに住んでいます。

崖下は緑道になっていて、
自然保護区域にも指定されていて、
けっこう眺めの良い場所です。
崖下ですが。

その道を通るたびに、
「今度、地震がきたら崩れるかなあ」
などと思いますが、
私が引っ越してきてから何度か地震が起きても、
ビクともしません。
一応、「傾斜面崩壊危険区域」ですが。

緑道の先には、
民家、アパート、浄土真宗のお寺、
酒屋さん、小料理屋さんが二軒、
やきとり屋さん一軒があります。
皆さん、平気で暮らし、平気で商売を営んでいます。

前回の台風でも浸水にあわなかったし。

まあ、私の住んでいるところは
そんな崖下の近くです。

マムシに注意の看板も立っていますが。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

今日は寒かったですね~~

という訳で、今日は海鮮鍋でした。

海老
ホタテ
銀だら
鰯のつみれ
イカだんご
お揚げ
豆腐
白菜
長ネギ
大根
春菊
えのき
しめじ

ロールキャベツも。

美味しかった~~~。
ふぅ~。

いただきましたっ~母上様!

次回は、私が作ります……。


お鍋の時にやってみたいことがあります。
一度、「イチゴ大福を入れてみたい!!!」

賛成ですか?
反対ですか?

あなたの一票をお餅お待ちしています。


テーマ:ご飯日記 - ジャンル:日記

昨日見た夢の話。

ある日突然、
私の家の中に子馬がいました。
目のクリっとした、毛並みの良い茶色い子馬でした。
いつ、こんな子馬が入ってきたのか…。

すると、
隣りの家のテラスにも馬がいました。

なぜ……隣りにも…………我が家にも…………。

しばらく考えて…………、
馬どうし会わせてみることにしました。

すると、隣りにいた馬は、母馬だったらしく、
ヒヒ~~~ン、ドドドドドと声を上げ再会を喜びます。

が、喜んだのも束の間、母馬は子馬を連れ走り出しました。
「ま、待ってよ~。今いなくなったら、
なぜ私の家に貴方たちが来たか、意味がわからないじゃない~」

私は必死に追いかけました。
ですが、馬にはなかなか追いつけません…

「待って、待ってよ~~」

「この辺に、馬が通りませんでしたか?」
「親子の馬だったら、見かけたわよ、あっち、あっち」

「ん?んんん?
あそこって、もしや??」

………東京競馬場でした…。

なぜ親子の馬は自ら競走馬の道を選んだのか…。
とうとう、私の家に来た答えを聞き出すことができずに…
目が覚めましたぁ。
お馬さん、おしえて~~~

テーマ:日記 - ジャンル:日記

おとといの夢は。

小池百合子のアシスタントを(なぜか私が…)している夢でした。
会議にくっついていってメモをとる役(なぜに私?)。

会議中に小池百合子は、ボールペンを落とします。
拾う私。
また小池百合子がボールペンを落とします。
私が拾います。
またまた百合子が落とす。
拾う私。
百合子、落とす。
私、拾う。
百合子。
私。
百合子。
私。
そのうち小池百合子は、見知らぬ女性へと変身します…。
それでも私はボールペンを拾っています…。

結局、ボールペンを拾う夢でした。
そして、なぜ私はボールペンを拾っていたのでしょう……
誰か、おしえて~


テーマ:日記 - ジャンル:日記

通りすがりに聞こえてきた、若いカップルの会話。

「私が二年間片思いしてたってこと、知らないでしょ?」
「えっ!」

(私の頭の中)えっ、二年間、片思い??
そうかぁ、二年間もかぁ…。
今の私には、二年間も片思いできないなあ。
片思いも、できないかもなあ。

あっさりと、二年間片思いしてたことを言えるなんて。
私には、言えないなあ。
もし、二年間も片思いしてたら、なおさら言えないよう…。

「えっ!」と言った彼は、あの後どんな反応を示したんだろう。

それにしても、片思いかあ…
何だか羨ましくもあるなあ。
純粋に好きってことなのかもなあ。

何だか、「片思い」という言葉に、考えさせられてしまっています…。



「出会う」ということは、素晴らしい。

出会う人、出会わない人。
道を歩いていて、すれ違う通行人。
通行人…通行人は通行人でも、
江戸時代の通行人とはすれ違わない…
たとえ、会いたくても会えない時代の人もいる。

そう思うと……、
今、同じ時代に生きて、
今、同じ世界に、同じ日本に、同じ時間に
いる人と出会うというのは、何て凄いことなのでしょう。

その出会えた人の中でも、
縁ある人との出会いは大切にしたい。

ば~な~な ば~な~な
いちご~ いちご~
ば~な~な♪
(とある幼稚園から聞こえてきた 行進の歌)

このブログは、開始してから4日目ですが、
みなさまからのコメントに、
とても、たすけられています。

また、訪問先でのコメントも楽しみです。

ブログでの出会いに、感謝!!!
家の中が殺伐としていて…
気持ちが洗濯機の渦よりぐるぐるしています(;;)

その殺伐としている原因は…わたし…
ごめんなさい…

なので、まともにアップできません…

しばらくお待ちをm(__)m
昨日は友人と一年ぶりに会い、
喫茶店で5時間も話し込んでしまいました。
良い雰囲気のお店で、居心地もよく、話も盛り上がり、
気が付くと夜10時でした。
お店の中にいると、わかりにくいものですね…

そのお店では、
ジャズライブなども開催されているようで、
いいなあ~そういうの、いいなあ~
なんて思ったりしました。

私は、楽器を弾いたり吹いたりはできないのですが、
歌を歌うのが好きです。

先日、元ジャズの歌手だった先生からレッスンを受けました。
私の母親くらいの年齢の方でした。
スクールに通う生徒の中で、私のようなタイプは珍しかったのか、
それとも、先生も夢を見る人なのか?
習いはじめの私を、どこかへ売り込もう…
などと一緒に考えてくれました
(その後、体調を崩し、今に至ります…)。

日本のジャスボーカリストたちの新年会にも連れて行ってくれました。
そこでは、一夜漬けで覚えた「cry me a river」を歌うことになり、
今、考えると、よくそんな度胸があったなあと思いますが、
そのときは、「さあ、やってみよう」なんて感じで、やっていました。
本当は震えが止まらなかったけど。

その時の気持ちを、色に例えるとすると、
赤とか紫とか、そういう色に近かったかなって思います。
その後、入院して、グレー色。
だんだんカラーになり、黄緑(若葉のような)。
時々、ブルー。
今は、というと、オレンジっぽいかな。
また、赤に近づくかなって思ったりして。

色に喩えたことって、ありますか?
今の気持ちの色、心の色。
さて、あなたの心の色は何色でしょう?

良かったら、おしえてください!ね。
ブログとは、なんぞや!?
そんなところからスタートします。
つたない文章とつたないページではありますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

心の音 心の景色
あなたの心に響く音は、どんな音でしょう?
あなたの心の中は、どんな景色なのでしょう?

このページは、
「こころ」をテーマとして、私の日記と
できれば、みなさまの投稿とで
作り上げていきたいと思っています。

まずは、、見てもらえるようにしなければ……
BACK  // HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 心の音 心の景色 all rights reserved.
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント
プロフィール

kaorin

Author:kaorin
1975年7月18日生まれ。
蟹座。AB型。
東京都府中市在住。
好きなこと、歌を唄うこと。散歩。
ぜひぜひコメントを~



最近の記事
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。